billboard_FrontLayer

☆セントマーガレット病院外来より☆

☆セントマーガレット病院外来より☆

 


インフルエンザストップ1

 

今年もインフルエンザが猛威を奮ってます。
基本的に正しい手洗い方法を続けて行うことがインフルエンザ予防に繋がります。

 

 

<正しい手洗い方法>
インフルエンザストップ2

 

 

インフルエンザに罹患した場合、出勤・登校はできません。
下記の表を目安にして、出勤・登校するようにして下さい。

 


インフルエンザストップ3

 

職員一同「手洗い・手指消毒・マスク着用・睡眠・栄養のある食事」
を心がけインフルエンザに負けずに頑張っています!!

 

「負けるな!インフル!心掛けよう睡眠と栄養摂取!」

 

 

 

引き続き、セントマーガレット病院 ホームページもご覧ください。

 

第26回 研究発表会

11月10日、第26回院内研究発表会が行われました。


第26回研究発表会1

 

1年かけてまとめた成果を発表する、一大イベントです。


第26回研究発表会2

 

各部署からの発表は療養上のケアについての身近な演題が多く、
その中には他部署と連携したものもあり、どれも興味深く、
日々の看護につながるものばかりでした。

 


第26回研究発表会3

 

特別講演では当院腎臓内科の及川医師より
「慢性腎臓病患者における重症化予防対策と腎代替療法」
の講義もありました。

 


第26回研究発表会4

 

毎日の忙しさのなかで、研究しまとめあげるのは大変でしたが、
自分たちも気づきを得、他部署の取り組みは刺激になります。

 

院長より、「他部署と連携した研究も有り、毎年、業務に活か
せていることが素晴らしい」との講評もいただき、有意義な1日
となりました。

 

 

引き続き、セントマーガレット病院 ホームページもご覧ください。

 

療養病棟での音楽療法

今回は患者さん、病棟助手、音楽療法士にインタビューを行いました。

 

<音楽療法に参加している患者さんに伺いました。>
Q:音楽療法は楽しいですか?
患者さん:はい。

 

Q:音楽療法の参加の頻度はどのくらいですか?
患者さん:毎回です。

 

Q:どんな音楽が好きですか?
患者さん:ジャズ、演歌、その他何でも楽しいです。

 

Q:音楽療法のどういうところが好きですか?
患者さん:すべてが楽しいです。

 

 

<病棟助手に聞きました。>
Q:患者さんとの関わり方はどのような感じですか?
病棟助手:患者さんに寄り添い、目線を同じくして会話をしています。
 肩や手に触れるなどして手拍子を取ることによって、患者さんの反応が良くなります。

 

Q:音楽療法に対して思っていることがあれば聞かせてください。
病棟助手:回を重ねると、これまで全く話すことのできなかった患者さんが話すことが
 できるようになり、また笑顔を見せてくれるようになりました。

 

<音楽療法士に聞きました。>
Q:療養病棟での音楽療法の感想をお願いします。
音楽療法士:月に何回かの音楽療法を行っていますが、この時間を楽しみに待っていて
 くださる方々がいらっしゃることは、私たち音楽療法士にとって大変嬉しいことです。
 音楽にはいろいろな力があり、患者さん皆さんにとって大きな助けになっていると思います。
 スタッフも患者さん一人ひとりに声をかけ、一緒に音楽活動をすることにより、さらに場を
 盛り上げて楽しい時間になっています。

 

 

 

音楽療法士は歌の年代に合った話をしたり患者さんが喜ぶ曲を選曲し自然と対話もはずみ、笑顔
がこぼれます。

音楽療法1

 

音楽に合わせて歌ったり、踊ったりして楽しんでいます。

音楽療法2

 

いつも楽器(私物)で、場を盛り上げてくれる。素敵な方です。

音楽療法3

 

フラダンスの手の動きの意味を教えてもらって、皆で動かしています。

音楽療法4

 

年に数回、ボランティアの方が来て下さいます。
患者さんと一緒になって歌や踊りで楽しい時を過ごしています。
(今回はフラダンスの先生が来てくれました)

音楽療法5

 

 

 

引き続き、セントマーガレット病院 ホームページもご覧ください。

 

消防訓練を実施しました

9月11日(火) 今年2回目の消防訓練を実施しました。

 

訓練内容は
・座学DVD研修
・院内にある消防設備説明
・水消火器実習
・消火栓の使い方
・消防訓練(初期消火・避難訓練)

消防訓練1

 


消防訓練2

 

発見者は「火事だー」と大きな声で知らせます。
非常ベルが鳴ると訓練でも緊張が走り、参加している職員は真剣な表情になります。


消防訓練3

 

訓練をしてみるといろいろなことに気がつき毎回勉強になります。(2F病棟)

 

 

 

引き続き、セントマーガレット病院 ホームページもご覧ください。

 

4階病棟夏祭り

8月18日(土)4階病棟にて夏祭りを行いました。
毎年の行事となっており患者さんやご家族の方、スタッフの親交も
深まります。

4階病棟夏祭り01

 

 

盆踊りでは患者さんは車椅子に乗りながら、家族の方も笑顔で
盆踊りの輪の中へ。

4階病棟夏祭り02

 

 

ミニゲームでは釣りをしたりして楽しみ、
スタッフが作った折り紙のカードがとても可愛く患者さんも
目を輝かせておられました。

 

 

カラオケでは本格的なカラオケの機械を使って歌い
患者さんの美しい歌声が病棟に響き渡りました。

4階病棟夏祭り03

 

 

患者さんが楽しみにしてくださり、スタッフもそれに応えようと準備も一生懸命
頑張った甲斐がありました。

患者さんもスタッフも心をひとつに、とても楽しい一日となりました。

 

 

引き続き、セントマーガレット病院 ホームページもご覧ください。

 

国際看護師を目指している外国人のアルバイトを受け入れて

夏休みを利用して、国際看護師を目指している外国人2名が8月6日~8月10日の5日間、当院でアルバイトを実施しました。
昨年、中国から日本の看護師になる目的で来日した国際人材開発所属の二人です。

国際看護師01  国際看護師02

 

病棟での経験は二人にとっては初めて見ること(胃ろうの患者さん、機械浴等)が多くあり大変勉強になったようです。
患者さんとの心の交流ができ、ケアすることが喜びとして実感できたようです。
患者さんから二人のためにとフクロウの絵を書いてプレゼントして頂き、大変うれしかったようです。

国際看護師03

 

当院には国際看護師の先輩として(3年目)同じ中国人看護師が2名います。
先輩は仕事とプライベートなど日本の生活を楽しんでおり、趣味の旅行(沖縄、日光、那須、台湾)に行ったと聞きました。忙しい中彼女たちの行動力に感心しています。
若いっていいですね!

 

国際看護師を育成するのも2期目となり、まるで子育てのような親の気持ちになってしまう今日この頃です。
今後も国際看護師の皆さんを暖かく見守りつつ、より働きやすいような環境づくりを目指していきます。(小野)


国際看護師04

 

 

引き続き、セントマーガレット病院 ホームページもご覧ください。