千葉県八千代市勝田台の医療・健診・入院・療養・透析・介護なら、ISO取得のセントマーガレット病院

  • 文字サイズ
Page Top
billboard_FrontLayer

外来のご案内

血管外科・下肢静脈瘤外来

高度な技術で患者さんの命を守ります

診療の内容・方針

頸部から胸腹部、四肢にいたるまでの動脈、静脈の病気(閉塞性動脈硬化症、動脈瘤、下肢静脈瘤、静脈血栓症、リンパ浮腫)を対象としています。
下肢静脈瘤に対しては、手術治療に加えて硬化療法やカテーテル治療を行っています。患者さんの術後のご負担を軽減するためにも傷跡が少ない硬化療法を積極的に行っております。
また、透析患者さんのバスキュラーアクセス(内シャント)のメンテナンス、シャントPTA(カテーテル治療)、シャント再建術も行っています。

主な疾患例

3_1-2
  • 脈管疾患に関する疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 深部静脈血栓症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 動脈瘤
  • 透析内シャント血管のトラブル
  • リンパ浮腫 など

医師の紹介

川俣 博志(かわまた ひろし)

Hiroshi Kawamata

日本医科大学千葉北総病院

専門分野

IVR・血管内治療

放射線医学

専門医・認定医

日本IVR学会 IVR専門医

日本脈管学会 脈管専門医

日本医学放射線学会 放射線診断専門医

出身大学・卒業年度

日本医科大学 1988年卒

コメント

血管外科・下肢静脈瘤外来を担当させて頂くことになりました。
よろしくお願いいたします。