千葉県八千代市勝田台の医療・健診・入院・療養・透析・介護なら、ISO取得のセントマーガレット病院

 中文
  • 文字サイズ
Page Top
billboard_FrontLayer

外来のご案内

形成外科

体の表面のけがや病気の治療なら

診療の内容・方針

形成外科では、顔面と体表面の外科治療を行っています。
皮膚や皮下のできもの、巻き爪、床ずれ、やけど、けが一般についての治療を行います。また、加齢とともにまぶたが開けづらくなり、視野が狭くなるなど、眼からくる疲れの症状はまぶたの手術治療で治る場合が多くありますので、お気軽にご相談ください。

主な疾患例

3_1-2
  • 皮膚・皮下腫瘍
  • 褥瘡
  • 巻き爪
  • 顔面外傷(顔面骨骨折、挫創)
  • 眼瞼下垂症 など

医師の紹介

爲本 智之(ためもと ともゆき)

Tomoyuki Tamemoto

東京大学医学部附属病院

専門分野

一般形成外科・外傷

出身大学・卒業年度

東京大学 2017年卒

コメント

日常のケガから気になるイボやでき物、巻き爪までお気軽にご相談ください。