千葉県八千代市勝田台の医療・健診・入院・療養・透析・介護なら、ISO取得のセントマーガレット病院

  • 文字サイズ
Page Top
billboard_FrontLayer

診療技術部門

放射線科

超伝導型1.5T(テスラ)MR装置を完備

MRIについて

MRI検査

MRI(Magnetic Resonance Imaging)は磁気共鳴イメージングと呼ばれ、強い静磁場内で、一定の周波数の電磁波を与えて核磁気共鳴現象を起こし、このときに放出される電磁波を信号として受信し、体内に存在する水分子を画像化する撮像法です。検査時間はCT検査に比べ長くなりますがX線被曝がなく、種々の画像コントラストが得られるために、造影剤を必要としない血管像、急性脳虚血性疾患での細胞レベルの変化も捉えられるなど、診断目的の適応範囲が広いという特徴があります。

31_7-2

当院では、超伝導型1.5T(テスラ)MR装置を設置しております。30分程度横になっているだけで検査は終了します。静音機構を備えています。多少の音がしますが、人体に影響はありませんのでご安心ください。

MRIによる検査が有効な疾患(一例)

  • 脳腫瘍、脳血管性疾患、変性疾患、外傷、脳血管のスクリーニング検査
  • 頸椎症、胸椎・腰椎のヘルニア、脊髄腫瘍、脊髄奇形
  • 各関節骨折、関節の靭帯損傷、半月板損傷、骨軟部腫瘍
  • 腹腔内臓器の腫瘍、膵・胆道系疾患
  • 内耳、小脳橋角部、咽頭・喉頭口頭の疾患
  • 眼窩内腫瘍など
31_7-4

検査例1. 脳MRA

31_7-5

検査例2. 腹部MRI

31_7-6

検査例3. MRCP

X線CT検査

X線CT(X-rays Computed Tomography)はX線管球と放射線検出器の入ったドーナツ状のガントリ(gantry:架台)内に被験者をのせたテーブルを移動させX線を照射しながらX線管球と放射線検出器が体軸を中心にして回転し、データを収取した後、横断像、ほかの任意の断面像を再構成させる撮像法です。

近年、1回転で複数列の検出器を用いたマルチスライスCT(multi-slice CT)の開発が急速に進み、撮像時間の大幅な短縮、広範囲の三次元画像の作成が容易に可能となり、スクリーニング検査としても広く用いられております。

X線CTによる検査が有効な疾患(一例)

  • 脳の腫瘍、脳血管性疾患、変性疾患、脳奇形、外傷、脳血管のスクリーニング検査
  • 頸椎症、胸椎・腰椎のヘルニア、脊髄腫瘍、脊髄奇形
  • 骨軟部腫瘍、関節の靱帯損傷、半月板損傷
  • 腹腔内臓器の腫瘍、膵・胆道系疾患
  • 内耳、小脳橋角部、咽頭・喉頭口頭の異常
  • 眼窩や眼球内部の腫瘍
31_7-3