千葉県八千代市勝田台の医療・健診・入院・療養・透析・介護なら、ISO取得のセントマーガレット病院

  • 文字サイズ
Page Top
billboard_FrontLayer

診療技術部門

リハビリテーション科

地域の中核病院として
リハビリテーションに貢献し
『生活の質』向上を

3_15-1

理学療法士とは

人は病気やけがをすると、麻痺や筋力の低下、痛みなどといったさまざまな障害が発生し、いままで行えていた生活動作が著しく制限されてしまいます。さらに発症後の安静のために廃用症候群といわれる機能低下も起こってしまいます。そこで理学療法では障害に対し運動療法や歩行練習・各種の機器(物理療法)を用い、基本動作能力向上と生活動作の再獲得を目標に治療を行い社会復帰への援助をしていきます。また、重度の障害のために自立動作の困難な方の場合は介護にあたる方へ介助方法の指導や家屋の改造などの相談にも応じています。

作業療法士とは

作業療法では、主体的な活動の獲得のため手指機能の強化訓練や、精神賦活となるような作品制作などの机上作業を通して治療・指導・援助を行います。
上記内容にもとづいて、個々に合わせ練習を行うことで日常生活能力(着替えやトイレでの動作など)の向上を図り、退院先への具体的なフォローをしています。

言語聴覚士とは

発語や聴覚、口腔機能に障害のある方やそのご家族、介護にあたる周囲の方々に対して、コミュニケーション方法の検討や食事の形態相談などを医師・看護師・理学療法士・作業療法士・ケースワーカーなどと連携をとりながら、対象となる多岐にわたる障害に対し、個々の症状や環境に応じて、相談・評価・訓練・指導などの専門的な援助を行います。