千葉県八千代市勝田台の医療・健診・入院・療養・透析・介護なら、ISO取得のセントマーガレット病院

  • 文字サイズ
Page Top
billboard_FrontLayer

診療技術部門

難治性腹水に対する大量処理について

なぜ腹水は貯まるのか?

1.肝硬変などによる血液中のアルブミンの低下

肝硬変などにより、アルブミン※1をつくる機能が低下します。血液中のアルブミンが少なくなると、血管の外に漏れ出た水分を血管内に戻すことができなくなり、腹水がたまります。

※1 血液中のタンパク質の一つに「アルブミン」があります。アルブミンは、血管中に水分を保ったり、水分を血管の中に引き込む働きをしています。

31_2_2-1

(図)アルブミンの低下により水分が血管の外に漏れ出る

2. 病気やがんなどによるもの

炎症性の病気やがん、肝硬変などにより、血管から血液成分や水分がしみだしやすくなり、腹水がたまります。

31_2_2-2

(図)胃がんなどにより血管から白血球や赤血球がしみだしやすくなる

3. その他の原因

そのほかにも、門脈圧の上昇など、さまざまな原因で腹水がたまります。

難治性腹水に対する大量処理について

CART(カート)とは、Cell-free and concentrated Ascites Reinfusion Therapyの略です。正式には、胸水・腹水濾過濃縮再静注法といいます。

1977年に旭メディカルから現在のCARTシステムが発売。1981年に保険認可されたものの、がん性腹水治療法として一般に普及していないのが現状です。この原因としてCARTシステムの濾過方式上の欠点があげられます。腹水を最初に処理する濾過膜が血液透析システムと同様に内圧濾過方式(腹水をファイバーの内腔に押し込み、外腔に向かって濾過する方式)であることです。細胞成分の少ない肝性腹水では問題が少ないものの、がん細胞や白血球、フィブリンなどの細胞成分の多いがん性腹水では、狭いファイバー内腔に詰まるため、2kg前後で膜閉塞が生じて以後の腹水処理が不能となります。

また、腹水をローラーポンプで機械的に圧挫することに加えて、無理に濾過処理を続けようと濾過圧を上げると腹水に過度な圧ストレスがかかります。そのため白血球からインターロイキンなどの炎症物質が生じ、さらに濃縮膜にて濃縮されて点滴静注されるために高熱を引き起こす原因となります。

以上の重大な欠点により、1980年代後半にはCARTはがん性腹水には適応できないと認識され、一般に普及せず、現在に至っています。そこで、要町病院の松崎圭祐医師はこれらの欠点を解消した改良型CARTシステムを考案されました。このシステムは、Keisuke Matsusakiの頭文字からKM-CARTシステムと呼ばれています。

当院のKM-CARTについて

当院は、2013年6月より要町病院で直接教育・指導を受け、実施しております。
これまでの平均腹水採取量は、7.28㎏(3.04~12.90㎏)です。これをKM-CARTシステムで処理することにより、良質のタンパク質(アルブミン、グロブリン)を回収し、再静注することが可能となります。
また、KM-CARTは操作が簡便で多量の腹水に対応が可能で、自覚症状と全身状態の早期改善が期待できます。

腹水を抜くと・・・

腹水による腹部膨満感が出現し始めたら、早期から積極的に腹水の全量をドレナージし、KM-CARTによる症状緩和を図らなければなりません。症状緩和により、全身状態の改善と闘病意欲の回復ができれば、化学療法など抗がん治療の開始や再開につながり、さらに長期の症状緩和が得られる可能性があります。

KM-CARTの流れについて

1.KM-CARTをご希望の方は必ず、あらかじめME機材管理科へご連絡下さい。

 

セントマーガレット病院(代表)
TEL:047-485-5111(代)
FAX:047-484-1119

 

2.当院でKM-CARTを行う場合は、治療を受けられている医療機関の紹介状が必要になります。
現在の症状を把握する為、可能な限り血液検査データや画像情報(X線画像やCT画像など)をご持参の上、
外科外来を受診して下さい。(担当医師:朝戸院長)

KM-CARTの費用について

KM-CARTは入院治療として保険診療で受けられます。
{胸水・腹水濾過濃縮再静注法+材料費+諸検査+処置+入院料(2泊3日)}×保険負担率+諸経費(食事など)
3割負担の方は約67,000円、1割負担の方は約27,000円です。

治療風景と実績

【症例1】 64歳、男性、病歴は慢性腎不全にて透析中、C型肝炎、肝硬変による難治性腹水であり、症状としては難治性腹水による腹部膨満感、食欲不振、歩行困難などである。治療としては、利尿剤を使用したいところであったが、腎不全による無尿のためCARTを実施しました。結果は初回のCARTで12.9kg抜水したことで腹部膨満感は解消し、食欲も増進、独歩にて退院となりました。
 本患者は合計42回KM-CARTを実施しました。腹腔穿刺による出血や感染、腹水を大量に抜くことによる血圧低下や不定愁訴を懸念しましたが、出血や症状も無く、濾過濃縮後の再静注においても発熱等の症状はありませんでした。

31_2_2-3
31_2_2-4
31_2_2-5
 

【症例2】 55歳、男性、病歴は肝硬変、肝癌による難治性腹水であり、症状は腹部膨満感、歩行困難などである。治療は入院治療にて利尿剤治療を行っていたが症状が改善せず、CART治療を実施しました。初回治療で12.33kg抜水し、腹部膨満感は解消し、独歩可能となりました。
 本患者は2泊3日のKM-CART入院治療を合計7回実施しました。腹腔穿刺部から少量の出血はありましたが、輸血などの治療を必要とすることもありませんでした。なお、腹水抜水時の不定愁訴、濾過濃縮後の再静注における発熱等の症状はありませんでした。

31_2_2-6
31_2_2-7
31_2_2-8
 

 

お問い合わせ

申込方法やご不明な点は、当院 ME機材管理科へお気軽にご連絡ください。

 

セントマーガレット病院(代表)
TEL:047-485-5111(代)
FAX:047-484-1119